スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACLSワークショップと学習効果

先日は、医学部4年生が主体で行っているACLSワークショップがありました。

2006年からはじまり、今年で11回目になります。



有志で集まった4年生たちが、

下級生に一次・二次救命処置を指導するワークショップです。





今年はガイドラインが改訂された年でもあり、

混乱する点や疑問点がたくさんある中で、一生懸命取り組んでいました。




カラフルなポロシャツを着ているのは4年生。

白のポロシャツを着ているのが、ワークショップに参加した下級生たちです。
ICSL003.jpg






各シナリオのはじめには劇が披露され、笑い声も飛び交っていました。

ICLS004.jpg

これは最初のBLS。

軽快な音楽に合わせて、BLSが披露されていました。






さて、楽しく学んだ下級生たちと、指導した4年生たち。


どちらが学習効果が高いのでしょう?




LearningPyramid.png
              出典:U.S.National Training Laboratories


これは、「ラーニングピラミッド」といって、

アメリカ国立訓練研究所が発表したものです。


ピラミッド先端にある講義だけだと、学習の定着率は5%。

4つめのデモンストレーションで、やっと30%となっています。



今回のワークショップでは、

参加した下級生たちも自ら体験しているため、定着率は75%になります。



しかし、注目です!底辺の 「人に教える」 は、90%の定着率!!



指導にあたった4年生たちは、たくさんの時間を費やし、

下級生に指導したことで、知識として深く定着したのではないでしょうか。




来年はここに参加した下級生(3年生)の中から、

指導する側にまわる学生がたくさん集まることを期待したいです。






余談ですが、

管理人の愛犬はモノでつらないと学習効果が得られません(泣)

しかも、主が指示する前に、

お座り、伏せ、タ~ン、伸び・・・・と全部の芸をいっぺんにやってしまいす。


まろん あっかんべー







スポンサーサイト

バイタルサイン測定:医学部編

今日は、医学部4年生を対象とした、

診療シミュレーションでバイタルサイン測定を行いました。



6グループ(5-6人)が、6症例のバイタルサインを測定します。

01.jpg


異常値の測定に焦点を当てているので、

ノンテクニカルスキル教育は含まれていません。





ですから、こんな集団測定? なんかがあったりもしました。

011 - コピー  002 - コピー 


008.jpg

患者さん(ALSシミュレーター)、喉が苦しそうです。

お腹は、テーブル代わりに使われちゃっています。


臨床ではちょっとあり得ない光景ですが、みんな一生懸命です。






各症例にはシナリオを想定しています。

シミュレーターでは再現不可能な追加所見を明記した用紙を渡し、

意識レベルや臨床推論につながる診断なども、オプションでつけてみました。

006.jpg


005.jpg






次回は、同じ症例のバイタルサイン測定を

医学部1年生に指導してもらいます。





Teaching in learning twice -教えることは、2度学ぶことである-


学習効果がよりあがることを期待したいです。








医療面接

みなさん、大型連休はいかがお過ごしですか?


私は雨の日も風の日も晴れの日も、バーベキュー三昧でした。




さて、連休明けは

医学部4年生の診療シミュレーションで医療面接があります。


医療面接の目的は3つ。

・情報収集
・患者教育
・医師と患者関係の構築


特に医師-患者間の信頼関係を良好に保つことで、

情報をよりよく得ることができたり、

また患者教育においても効力に違いが出てくると思います。



『信頼関係は良薬に勝る』  なかなか、うまく言えた



とっても極端なことを言うと、

信頼している医師から、「大丈夫!」と言ってもらっただけで、

どんなに効果的な薬より効果がある・・・そんな場面をいくつもみてきました。



看護の場面でも同じです。



睡眠薬を服用しないと眠れない患者さんが、

「今日、あなたが夜勤なら安心して眠れる」と言って、

睡眠薬を服用せず、朝までぐっすり・・・・といったこともありました。



まさに、「信頼関係は良薬に勝る」ですよね。




ですが、

外来診察など初対面の場合はどうでしょう?




例えば風邪をひいて初診で病院を受診したとします。


外来医師とは初対面。


となると、最初に入ってくるのは「視覚」的な情報がほとんどです。


診察室に入ってみると、

白衣はしわくちゃ、無精ひげ。態度は横柄。




こんな第一印象だったら、

信頼関係を構築するのにかなりの時間を要しそうです




“何ごとも最初が肝心” って言葉があるくらいですからね。





そういえば、話しは少し脱線しますが、

「おしゃれ」と「身だしなみ」の違い、なんだかわかりますか?






「おしゃれ」 ⇒ 自分のためにするもの

「身だしなみ」 ⇒ 相手(周囲)のためにするもの





プライベートでは、自分のためにおしゃれして、

職場(学校)では、周囲のために身だしなみを整える。



そんな使い分けができるといいですね。





さて、

医療面接では模擬患者さんに協力していただいていますが、

そのほとんどが学内職員ではなく、一般市民の方たちです。




そんな模擬患者さんを前にして、

毎年、医師役の学生さんたちの緊張が伝わってきます。

医療面接2 (2)
模擬診察室の舞台は準備万端です。




普段の授業では味わえない緊張・・・

この緊張感もいい教材になってくれればと思っています。



そして、心の緊張とともに

身に付ける白衣にも緊張(アイロン)をピシッとかけて、

一つでも多くのことを学んでくれればいいなぁと思います。





最後にWebペーシの紹介です。

模擬患者SP教室


模擬患者さんのこと、医療面接のこと、大変わかりやすく書かれています。

特に「医療面接の進行」は、

4年生の今の時期には予習に、その後の復習にも大変参考になると思います。











④手洗い・ガウンテクニック演習【おまけ】

 一生懸命手を洗い、着慣れない暑苦しいガウンを着て、

『むずっ』を連呼しながら手袋を装着してきました。





         が、





      今度は脱ぎまーす!





まずは手袋から。 外側と内側が逆になるように。 

はずした片方の手袋を反対の手の中に握って、くるんでからはずします。
手袋破棄 







次にガウンです。
術衣脱ぐ 

着る時と脱ぐときでは、清潔・不潔の領域が変わります。

術衣破棄 

汚染面が内側になるように、ガウンを全て裏返しながら脱いでいきます。

そして、外側に触れないようにくるんでいきます。







では、最後の紹介はこちら。





手洗い・ガウンテクニック演習2日間。学生112名。






演習終了後に出たゴミの山。
ゴミたち 
ダンボール箱6箱



ゴミ袋(しかも特大サイズ)11袋。
ゴミたち2 


お見事!




③手洗い・ガウンテクニック演習【手袋装着】

このタイトルの最後は手袋装着です。


   ①手洗い・ガウンテクニック演習【手洗い】はこちらから

   ②手洗い・ガウンテクニック演習【滅菌ガウン着用】はこちらから




           【手袋装着】


まずは手袋の包装紙を開けていきます。
手袋装着3




開ける際、

包装紙の下部分を外側に折り返しておくと、紙が閉じてきません。
手袋装着前




手袋の折り返してある部分(内側にあたる部分)をつまんで持ち上げます。
手袋装着前2




次に手袋を装着する側の手に手袋を乗せます。
手袋装着前3

わたくしシミュレンジャー2号が手術室に勤務していた頃は、
(考えると28年も前になります

滅菌ガウンの袖口から指を出した状態で手袋を装着していました(オープン法)


今は、指を出さずに装着する方法(クローズド法)が推奨されているようです。




指が出せない分、やりにくそうです。
手袋装着5




手本を見せながらしていますが、手袋を置く向きが逆になること数知れず。

CSCセンター長が誘導しています。
手袋装着35

仕方ないです。指出せないし、ややこしいし。




おっ、できました!次の見本に向けてスタンバイしてくれています。
手袋装着4




次は、同じ要領で右手袋を装着していきます。
手袋装着7

少し慣れて要領をつかんできたかな。




指が思うところに入っていかないこともしばしば。

自分の指なのに・・・ってもどかしいよね。
手袋装着6

医学教育センター長がサポートしてくれています。




あと、少し。
手袋装着9




やった!ここまできた。センター長も安堵の表情。
手袋装着11





今回は、手洗いが元祖シミュレンジャー担当。

ガウン・手袋装着が、CSCセンター長、副センター長、

医学教育センター長、シミュレンジャー2号の担当でした。




同じことを延々41回繰り返しましたが、

学生の皆さんから出た言葉で多かったのはダントツでこれ ⇒ 『むずっ』


そういえば去年の4年生たちも連呼してたなぁ。




本当にお疲れさまでした。




注:現在は手袋の二重装着が推奨されていますが、時間の関係上行えていません。



医学生さんたちへ

CSCでは、二重手袋の内側となるindicator手袋もたくさんあります。

練習したい方はいつでもどうぞ。


手術用手袋二重装着手順マニュアル:クローズド法 ←わかりやすいよ。





②手洗い・ガウンテクニック演習【滅菌ガウン着用】

 元祖シミュレンジャーの指導のもと、手洗いを終えた学生たち。


手洗い・ガウンテクニック演習の1回目【手洗い】はこちらから




        【滅菌ガウン着用】




時間の関係上、ワゴンの上にガウンと手袋を準備しています。
ワゴン 




まずは滅菌ガウンの包装紙をはずします。
術衣取りだし





ふたりとも真剣な表情をしています。
術衣取り出し3 


術衣取り出し2 





外袋をはずしたら、両腕をガウンの袖に一気に通して装着します。
術衣 



この後、介助者がガウンの紐を結んでいる間、

つい手がだら~んと下に下がってしまう場面もちらほら。

そりゃ、そうですよね。

普段、手を上げたままにするなんて、髪の毛を洗っている時か、

電車やバスのつり革をつかんでいる時くらいじゃないかなぁ。



ガウンテクニック 
この学生さんはちゃんとあげていますね。



最後の腰回りの紐を結ぶ前に、手袋を装着しています。

手袋装着の模様はこちらから



腰ひもがついた紙を介助者に渡してもらった後、その場で一周してもらいます。
完成間近 


この時、「その場で」という一言を言わなかったせいか、

大きく前進して一回りする学生さんもいました

慌てて一緒についていきましたけどね。




はい!完成です!!
完成3 

完成 






①手洗い・ガウンテクニック演習【手洗い】

2016年度の医学部5年生たちが実習に入るにあたり、

手洗い・ガウンテクニックの演習がありました。


画像がたくさんあるので、3回に分けてお伝えしたいと思います。



         【手洗い】


はじめにディスポサージキャップ(帽子)とフェイスシールドマスクの装着です。
帽子とマスク装着



次は手洗いに入る前にDVDを視聴。
ビデオ視聴



DVDに合わせてラビング法の手つきを真似たりしていますね。
ビデオ視聴4



では、手洗い(プレウォッシュ)いきましょ~!
手洗い2 

なんだか様になってます。

手洗い4 






次はオプションとして取り入れました。



グリッターバグ(★)で洗い残しをチェック!

★:手洗いがきちんと行えているかを評価しトレーニングする教材で、付属のローションを付けた後、
 手洗いをしてグリッターバグに手をかざすと、洗い残しの部分が白く輝きます



手洗い前                手洗い後
グリッターバグ前  グリッターバグ後 

どうかなぁ? だいたい取れてるけど、親指と人差し指の間が白く光ってますね。


手洗い前                手洗い後
グリッターバグ前2  グリッターバグ後2 

こちらは、どれどれ。 
お~完璧!と思ったけど、よく見ると左親指や爪の生え際が白く光っています。




では、擦式手指消毒剤を用いたラビング法です。
ラビング法11 

CSCには2台あります。
手洗い場が3箇所あるので、3台あるのが理想かな。


ラビング法

手掌に消毒剤を受けます。

ラビング法5

以下のように3回に分けて塗っていきます。

①左(右)前腕から肘関節全面
②右(左)前腕から肘関節全面
③手背、手掌、指間、指先、爪、両手首


このシーン。

元祖シミュレンジャーは2日間で41回しております。

「舐めれるくらいきれいやぞ!」と言っておりました(笑)




さて、手洗いを終えた学生たちは、両手を胸の位置で留めたまま、

シミュレーション・ラボ1に移動し、滅菌ガウンと手袋の装着です。




つづきはまた明日。








プロフィール

シミュレンジャー2号

Author:シミュレンジャー2号
クリニカル・シミュレーション・センター(CSC)の管理人
シミュレンジャー2号です!

現役ナースを引退して3年目突入。シミュレーション医療教育、ノンテクニカルスキル教育を中心に、頭(8割)・体(2割)を使ってお仕事しています。

上司の元祖シミュレンジャーよりmissionが発令され、
bloggerとしての任務も
遂行することになりました!



よろしくお願いします❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。