スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸引技術演習

先週末に理学療法士、作業療法士の方を対象に

吸引の技術演習を行いました。前年度の模様はコチラ。



今年も去年とほぼ同様の内容で行いました。

01吸引

デモンストレーションを見てもらった後、

二人一組になり、技術チェックリストを見ながら自学自習。




口鼻腔吸引の後は、気管挿管をしている患者さんの

閉鎖式吸引も演習しました。

03吸引

技術のみに手がいかないよう、モニター画面を設置し、

患者さんの状態を観察する意識付けができるようにしてみました。

04吸引

技術チェックリストやモニター画面に目をやりながら、

シミュレーター相手ですが、声掛けもしっかりできています。



こういった研修場面では、

普段の患者さんへの接し方が顕著に現れますよね。




理学療法士さん、作業療法士さんともに、

丁寧でやさしい声掛けが大変よかったと思いました。




喀痰吸引・・・・多少なりとも苦痛と不快感を伴います。

呼吸仕事量が増大している、

あるいは血行動態が不安定な患者さんにおいては、

大きな侵襲を伴う場合もあります。



知識と技術とやさしさをフル稼働させて、

少しでも安全で安楽な吸引を実施してほしいと思います。




みなさん、お疲れさまでした。




スポンサーサイト

歩く

ウィ、ウィ、ウィ~ン。 カシャン。 ウィ、ウィ~ン。




CSCに聞き慣れない音が聞こえてきました。




正体はこちら
Rewalk.jpg
ReWalk:脊髄損傷者用歩行アシスト装置



これは、脊髄損傷により車椅子生活を余儀なくされている方に

再度、歩行を実現するという装具だそうです。




横から見るとこんな感じです。
Rewalk2.jpg
手前にあるのが歩行時に使用する補助杖です。



後ろは電池が収納されたバックパックになっています。
Rewalk4.jpg




今回、このRewalkがCSCにやって来たのは、

装着される方の基礎トレーニングを行うトレーナー養成のための演習でした。


実際の患者さんにお越しいただいて、

基礎スキル(着脱・起立・立位バランス・歩行など)の説明。

その前には二日間の座学もあったようで、トータル4日間のプログラム。



私は最終日に体験させていただきました。


その模様は、また後日アップいたします。












リハビリテーション関係職種対象:吸引研修

「チーム医療」を推進する観点から、平成22年より

リハビリテーション関係職種(理学療法士:PT 作業療法士:OT 言語聴覚士:ST) の

喀痰吸引が実施できるようになりました。



しかしながら、訓練(練習)は必要です。



そこで、昨年の研修は私2号が担当しました。




まずは簡単なレクチャーから。

001吸引



次に吸引シミュレーターQちゃんを使って、デモをみてもらったりしています。

002吸引




さぁ、それではやってみましょう! 

003吸引

リハ吸引

喀痰吸引の手技のみではなく、

患者さんへの声かけや、胸部聴診なども合わせて学習してもらいました。




今年は6月に実施します。









ライン・リスク管理

先日は、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)の方たちが企画された

新人研修がありました。


テーマは、「ライン・リスク管理」です。


毎年行っている研修のため、

担当されているPT、OTさんたちも慣れた手つきで準備されていました。




まずはレクチャー。

レクチャー
ポイントが箇条書きで絞られていて、いいですね。


レクチャー (2)

レクチャー (3)
画像も大きくてわかりやすかったです。




レクチャーの後は、3つのブースに分かれていました。




ここは車椅子移送。

酸素装着
酸素を装着して・・・っと。患者体験も学びになります。

出発
いよいよ出発。

膀胱留置カテーテルと点滴の管理に注意が必要ですね。




ここは体位変換時のライン管理。

体位変換
あっ、やってしまった!といったリアクション。

三方活栓
どうやら、三方活栓のロックがずれていたようです。


「ここも確認が必要だよ」と優しくフィードバックされていました。




こちらは移乗動作時のライン管理。

点滴管理
点滴スタンドの位置を確認しているのかな。


点滴管理 (2)
準備が整ったようです。



笑い声が飛び交いながらの1時間ほどの研修でした。

全体

研修は何度だってやり直しがききます。

楽しく学んだ知識・技術、それから患者体験を

次は実際の患者さんに提供していただけたらと思います。



みなさん、お疲れさまでした。

次はBLS(一次救命処置)研修でお会いしましょう。






プロフィール

シミュレンジャー2号

Author:シミュレンジャー2号
クリニカル・シミュレーション・センター(CSC)の管理人
シミュレンジャー2号です!

現役ナースを引退して3年目突入。シミュレーション医療教育、ノンテクニカルスキル教育を中心に、頭(8割)・体(2割)を使ってお仕事しています。

上司の元祖シミュレンジャーよりmissionが発令され、
bloggerとしての任務も
遂行することになりました!



よろしくお願いします❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。